1年ぶりに社会で働いてやっぱり感じた世間のしがらみとは?

公開日:2017/10/31

1年の無職生活に別れを告げて、バイトを始めて2ヶ月が経ったけど、やっぱりというか、世間のしがらみがすごいなーって話です。

スポンサーリンク

俺が感じた世間のしがらみ=時間の束縛

ここで言う世間のしがらみって何やねんって話なんだけど、まぁ一言でいっちゃえば「時間の束縛」のこと。

社会人として働くと、本当に時間ってものの束縛を受けるようになるなぁと、1年のあいだ無職として甘い蜜を吸ってきた俺はしみじみと感じたわけです。

ピンとこない人のために例を挙げてみようか。

朝起きて、夜寝なきゃいけない

ほら、コレ当たり前って思う?(笑)

みんなが当たり前にやっている「朝起きて夜寝る」という生活も、結局仕事があるから生まれてるように思うんだよね。どうかな?

「(本当は朝起きたくないんだけど)仕事だから早起きして、(本当はもっと夜更かししていたいんだけど)明日も仕事だから早寝する」

これは立派な束縛ではなかろうか。

人間は朝起きて夜寝る動物だー、当たり前だー、って声も聞こえてきそうだけど、俺は好きなときに寝て好きなときに起きる動物でありたいよ。

え?それじゃあまるで動物園の動物だって?

いいじゃない、ライオンさんみたいな暮らししようぜ。

んじゃー次だ。

出勤時間による束縛

これも当たり前に思うかもしれないけど、例えばキミが9時出勤ですよ、と言われたら何を考える?

9時出勤かー、ということは、

  • 家から会社までの所要時間はどのくらいだ?
  • 始業前準備もあるし、9時の何分前に会社に着けばいいかな?
  • じゃあ家は何時に出なきゃいけないんだ?
  • 支度にはどのくらいかかるかな?じゃあ何時起きだ?
  • 7時間は寝たいから、ってことは何時寝だ?

たった一言「9時出勤」と言われただけで、コレだけのことを考えなきゃいけなくなるんだぜ。電車とかバス通勤の人はそっちも考えなきゃいけないわけよ。

これでバイト掛け持ちしたりなんかすると単純に思考が倍だし。バイトとバイトの間に買い物行ってーメシ食ってー、それに何分かかってー残りの時間がどのくらいでー・・・って。

こりゃー立派な束縛じゃない?

他にも時間の束縛は精神にも悪影響。

出勤時のカリカリ運転

これ一番怖いやつね。時間に追われて我を失うというか本性が出るというか、車通勤のサガでもあるんだけど。

とにかく周りがまずカリカリしてるんだよね。煽り煽られ抜き抜かれ、というシチュエーションを毎日見かける。

その波に自分も飲まれて、「なんやねん!俺だって急いでるけど安全運転してるねん!」という苛立ちの気持ちがフツフツと沸いてきて、それが運転に現れてしまったらもう最悪ですよ。

出さないけどね!?

そもそも俺は時間に追われている人が大嫌いなんだよ。

なんか、惨めじゃん?ゆとりなくて、かわいそうで。

時間に追われている人が嫌いってことは、時間に追われる自分も大嫌いで、でも時間で動かなくちゃいけない暮らしをしている自分にちょっとヘコむんだよなぁ。

なぜこんなに束縛されねばならぬのだ?

とまぁ例を挙げてみたけど、どう思ったかな?

俺は本当に苦痛なんだよね。そして疑問に思う。

なんで?なんでこんなに束縛されなきゃいけないの?って。

遅刻、早退、寝坊。

みんな悪いことだとされている。

時間で動いて時間通りに集まって仕事をする、それが当たり前で。そのくせ帰りのほうがルーズなのはどこも一緒だと思うけど(笑)

「時間を守らないのは悪いことなんだよー。みんなに迷惑かけるんだよー。始業前に早く来て準備しとくのは当たり前なんだよー。1分でも遅れたら書類書いてもらうよー」

そんな仕事の当たり前が、束縛を生み出しているんじゃないか。

まぁさ、人に「なんだこいつは、時間にルーズなやつだなぁ」と思われて嫌われるくらいならいいんだけど、実際ペナルティついちゃうのは嫌じゃん?給料減ったりするし。

あー、つら(笑)

なんかさ、もっと気楽に働けん?

少し前にサイボウズの記事を読んだんだけど。

ほんとここ、テレビでも見たことあるけど、仕事が生み出すあらゆる束縛をなくそうとがんばっていると思う。

仕事の当たり前をどうにかしようとしている、と思う。

いいなぁー。

俺も気楽に働きたいなぁー。

願わくば、好きなときに好きなだけ働ける暮らしを

思うに、俺は働きたくないわけじゃないんだと思う。

時間とか人間関係とかに縛られるのが嫌なだけで、仕事が嫌いなわけじゃない。

「なんで仕事するためにはみんなで縛られて同じように行動しなくちゃいけないの?」って疑問に感じるだけなんだよね。

いいじゃん、仕事しないわけじゃないんだから。ただちょっと時間的自由が欲しいだけなんだ。

キミはどうだろうか。やっぱみんなと一緒がいい?

まぁねー、管理はしやすいだろうしねー。一理ある。

でもま、やっぱり俺は、願わくば好きなときに好きなだけ働ける暮らしを手に入れたいと思うね。

だから、考えながら進んでいこうかなって感じ!

 

以上、小山田でした。

んじゃ!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です