ブログは書く前の下準備が超重要!素材集め用クエスチョンシート配布

ライティング

ブログは書き始める前の準備がマジで大切です。

 

 

こんにちは、小山田です。

 

「ブログの記事を書くのが遅すぎて、何度も手が止まって苦痛だなぁ。しかも何の意味もないゴミ記事しか生み出せてない気がするし・・・しんどい」

 

せっかく気合いを入れて書き始めても、うまく書けなくて嫌になっちゃうことありますよね。スラスラと良い記事が書けたら、ブログももっと楽しくなるはずなのに、って・・・。

 

そう、ブログの記事作成は書く前の下準備が超重要です。パソコンの前に座って書き始める前にどんなことを書くか決め、バッチリ準備ができてからパソコンに向かうべし!

 

ということで今回は、僕が使っているクエスチョンシートをご紹介します。このシートの質問項目に先に答えておけば、あとは並べるだけでできあがるよ!というわけです。

 

僕自身ブログ書くのが遅すぎて、意味があるんだかないんだかわからない記事を書いて・・・苦痛でした。ネット検索してもコレというものに出会えなかったので、自分が欲しくてつくったものです。

 

本文の内容

  • 準備なしでブログを書いちゃダメな理由
  • クエスチョンシートのススメ

 

よろしければ使ってみてください〜。

なんで準備なしでブログを書いちゃダメなのか

まずは準備なしでブログ記事を書き始めてはいけない理由から考えます。

 

何の準備もしないで記事を書き始めたら、とにかく自分の無能さを思い知ることになりました、悲しいことに。

ゴールを見失い、わけがわからなくなる

よくあるのが「あれ、この記事、なんで書いてるんだっけ?」という状態です。

 

書き始める前に記事のゴールをはっきり定めていないと、書いているうちにどこを目指しているのかわからなくなっていくんですよね。

 

「何が主張で、何が根拠で、その主張は読者にどうなってほしいからで・・・」というのが明確になっていないまま書き進めていくと、かならずと言っていいほど迷子になりました。

 

そして時間がかかり、嫌になってくるわけです。

書かなくてもいいことを書きたくなっちゃう

何の準備もしないまま書いていると、「この話もしたいな」とか「これも書いといたほうがいいかも!」とか、いろいろ浮かんできます。

 

でもそれ、ゴールを目指すのには必要ないことかもしれません。自分の都合で書きたいことと、読者の読みたいことはイコールではない場合があります。

 

そんなときに「書いといたほうがいいかも〜」というものを挟み込むと、展開がわからなくなったり、混乱をまねいたりしちゃいます。

途中で書くべきことが増えたりする

余計なことを書いてしまうのと似てますけど、ほんとに書かなきゃいけないことが途中で増えることもあります。

 

それもやっぱり頭の混乱の原因になりますし、「どう書けば伝わるかな」と考えることで手が止まり、けっきょく時間がかかる。そのせいで「書くの遅いし、なんかわけわからんし、自信持てない」となります。

 

行き当たりばったりでどうにか書けるだろう、と自分を過信してました。でも、事前準備をしていないと、あまり良いことがありません。笑

なぜクエスチョンシートなのか?

このクエスチョンシートは、ちまたでよく言われる「有益なブログ記事」を書くための鉄則にもとづいて作りました。つまり読者目線で、読者の悩みや問題を解決できる記事をつくるためのものです。

 

アウトプット用クエスチョンシート(pdfファイル)

 

このシートは上から順番に答えていくようにします。

読者の「?」に答える記事がつくれる

いちばん大事なところが、読者の悩みや問題を解決すること。つまり読者の「?」に答える記事を書くということです。

 

そのためにクエスチョンシートでは、いちばん最初に「記事で扱うハテナ」を決めます。この記事ならば、「記事書く前の準備って大事かな?」です。

 

とにかくこのハテナに対して自分なりの答えを出していけばいいんだな、という軸が決まりますし、その流れで読者の設定(そのハテナを抱く人ってどういう意図でネット検索するのか、何がほしいんだろう)を考えていけばスムーズですよね。

1記事1テーマ1メッセージを守れる

読者目線での読みやすい記事には、基本的に1記事1テーマ1メッセージの原則があります。ハテナへの答えを1つだけ決めることで、この記事ではこれをとにかく主張してわかってもらえればいいんだな、とゴール設定ができます。

 

この記事なら、「パソコン開く前の準備がいちばん大事だよ!」です。それを伝えるために、準備が甘かったときの失敗例を話したり、準備万端にしたことで自分がどうなれたか、を話したり。

 

共感してくれた読者さんはきっと具体的な準備のしかたを知りたいだろうなぁ、と読者設定が事前に済んでいるので、「自作のクエスチョンシート、便利だから教えてあげよ!」と、読者目線で話すことを決められますよね。

 

相手の目的も、自分の目的も理解できる、というわけでございます。

質問に答えていくのは、やりやすい

クエスチョンシートなので、質問に上から答えていけば良いだけです。(下のほうはちょっとクエスチョンが適当になってますが。笑)

 

聞かれたことに答えればいいだけ。とってもやりやすいです。外出先などのパソコンが無い場面でも紙やふせんを利用して答えを書いておけば、その答えがそのまま記事の素材として使えてしまう。帰ったらすぐ記事作成できますね。

 

記事構成のテンプレートにもそのまま当てはめられるはずなので、スラスラ書けるはずです!

この記事もクエスチョンシートでスラスラ

実際に自分でクエスチョンシートを使って今この記事を書いてますが、2500文字を1時間弱で書けました。それに書き終えたあとの満足度、納得感が強いです。「あれ、なんか良い記事書けたんじゃない?やればできるんじゃない?」みたいな。

 

こういうポジティブな自信が、ブログ運営でいちばん大事といわれる「継続」を後押ししてくれると思えば、たとえすぐに直接的な結果につながらなかったとしても、けっこう素敵な話ではないでしょうか?

 

この記事を書いたときに実際使用したもの

 

(ちなみにクエスチョンシートの中身は、いろんな本や他ブログ様で勉強させていただいたことをまとめたものです。感謝しております)

 

ぜひたくさん使っていただいて、良いところは活かして、ダメなところは切ったり直したりして、自分なりにアウトプットしやすいかたちにしていってください。アウトプットしやすくなって、読まれる記事が書けるようになりましょ!がんばりましょ!

 

もう一度、貼っときますね。

 

アウトプット用クエスチョンシート(pdfファイル)←上にあったのと同じものです〜。

まとめ:ブログは書く前の準備を大切にしよう

  • 事前準備なしで書き始めると良いことがない
  • 事前準備にはクエスチョンシート!
  • 書くことが決まっていればスラスラ書ける

 

書くことは書き始める前に決めておく。書き始める前から戦いは始まっている・・・というわけですね。段取り八分という言葉も世の中にはありますし、なにごとも準備を大切にしていきましょう。

 

やっぱり素材を集めておくことって大切なんだなぁ、とあらためて思った小山田ですが、そういえば「10倍速く書ける超スピード文章術」という本に、素材文章術というテクニックが書いてありました。ずいぶん前に読んで「良いこと書いてある!こいつは当たりだ!」なんて思ってたのに、大切さに気づくまで時間がかかってしまったなぁ。笑

高評価の本ですので、よろしければ合わせてチェックしてみてください。

 

以上、小山田でした。( ^ω^ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました