徹夜でゲームしてもOKな理由【夢中なら大丈夫です】

ゲームに夢中でついつい徹夜をしてしまう、そこのYOU。

終わってから時計を見て、「なんてムダな時間を過ごしてしまったんだ・・・」と後悔することもあるかもしれませんね。

でもそれ、夢中なら大丈夫です。

人間の本性は尊いもの

人間の本性を「心の底からムラムラと出てくるものがあって、その気持ちに動かされている」状態だと言う人がいます。

「石橋を叩けば渡れない」の著者である西堀栄三郎氏。

西堀氏は自分のしていた研究を親戚に「儲かるのか?」と問われたとき、「儲からないし国の役に立つことも考えてないけど、ムラムラと出てくるものがある。子供がおもちゃで遊んでいるようなもの」と答えて怒られたそう。

でも西堀氏はそういう人間の本性こそがなによりも尊く、「これでこそ人間は本当の力が出てくるものだ」と語ります。

命令されてもいないのに夢中でやってしまう経験

この話を読んで思い浮かべたのが、徹夜でのゲームでした。

思い返せば僕も、

  • 東方(シューティングゲーム)のハイスコアを目指して朝を迎えた日
  • jubeat(音楽ゲーム)のハイスコアを目指して4時間をつぶした日
  • オトモンドロップ(パズルゲーム)を徹夜でプレイしてスマホを痛めつけた日

などなど、見事にゲームの徹夜ばかりしています。
今思えば生産性もないバカバカしい時間を過ごしたなぁと笑ってしまいます。

でも、夢中になってゲームをしたあの時間は、ほんとに無価値だったのか?

誰に命令されるでもなく夢中になれた僕という人間の本性は、尊いものなのかもしれない・・・。

そう考えると、なんだか救われます。笑

役に立つかどうかはすぐわからない

そうは言ってもやっぱりゲームは生産性もないムダな時間だと、そういう意見もあるでしょう。
そんなことしてる時間があれば本の一冊でも読めと。

わかります。

でも、ムラムラに突き動かされれば同じことを6時間でも8時間でも夢中でできてしまう、その尊さはわかってもらえませんか?

他の人にはぶっ通しでできないことが、その人にはできてしまう。

それ自体は、すごいことじゃないですか?

ね?笑

役に立つかどうかなんて、あとにならなきゃわからないんですから。

まとめ:自分の本性を大事に

  • 人間の本性はムラムラに駆り立てられて動いている状態
  • 徹夜でゲームも人間の本性でありそれ自体は尊いのでOK
  • 役に立つかどうかはあとにならなきゃわからない

隣で妻がゴロゴロとTwitterを見ていたので、「ねぇ、それって今、心の底から出てくるムラムラに駆り立てられてTwitter見てる状態?」と聞いたら「うーん、惰性」とバッサリ。

夢中ならOK。
惰性ならNG、ですね。笑

もし徹夜でゲームをすることに後悔や迷いを感じているとしたら、夢中になれるものに夢中になって思い切りやってみましょう。

なんの役に立たないかもしれないけど、それに夢中になれるあなたはとても尊いと僕は思います。

以上、小山田でした。( ^ω^ )

「石橋を叩けば渡れない」僕も読み始めたばかりですが気になった方はチェックしてみてください〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました