【内容まとめ&感想】日本ソダテル検定 天才ジュニアをソダテルメソッド30の方法

公開日:2017/07/27最終更新日:2017/08/07

テレビ朝日で2017/7/10放送「日本ソダテル検定 絶対知っておきたい!天才ジュニアをソダテルメソッド30の方法」の内容まとめ&感想です。

スポンサーリンク

まえがき

前回放送分の記事は→【感想】テレビ朝日「日本ソダテル検定」子供を天才に育てる方法まとめ

今回は内容が多いので箇条書きにします。番組内容は、今活躍している人たちが子供の頃に親からどんな教育を受けたか、を紹介するテレビ番組。放送は19時〜21時48分。

個人的に良さそうと思ったものは太字にしています。

登場人物&紹介されたメソッド

サニブラウン(陸上選手)・・・1日5食で大きな体を作った

藤井聡太(将棋棋士)・・・キュボロをさせる

高梨沙羅(スキージャンプ)・・・バレエで柔軟性と体幹を鍛えた

瀬戸大也(水泳)・・・どんな結果もポジティブシンキング

池江璃花子(水泳)・・・何度も繰り返しイメージさせる(スタートや泳ぎ方など)

今井月(水泳)・・・試合の録画中に父親のダメ出しも録音する

白井健三(体操)・・・ジグソーパズルで脳トレ

畠田千秋(体操)・・・車で送迎(体操以外は温存)、トランポリンで空中感覚を鍛える、体育館では我が子とは思わない(スパルタ)、姉妹の性格で指導法を変える(姉も体操選手)、休みの日は遊びの中で練習、暇さえあれば柔軟をさせる(iPad中など)

辻井伸行(ピアニスト)・・・あらゆる体験をさせて感性を磨いた

服部百音(ヴァイオリニスト)・・・厳しい中でも必ず褒めて達成感を与える、海外で活躍するためケンカは禁止、途中でどれだけ頑張れたかが大事、客の前では常にプロ意識を持つ、本番後は愛情たっぷりに褒める

娘がハーバード卒・・・自宅でホームパーティを開いて外国人をたくさん呼んだ(語学力、論理的思考、コミュニケーション能力が身に付いた)

12歳天才ギター少女・・・練習は短く集中して行う、小さい頃から指のストレッチ

平野美宇(卓球)・・・好きなぬいぐるみを使ってコントロール力アップ、遠征はひとりで行った(小2で山梨→東京、小3で山梨→大阪)

伊藤美誠(卓球)・・・リビングに卓球台を置いた(練習を日常の一部に)

張本智和(卓球)・・・練習は短時間で集中して行う、勉強と睡眠も大切

松島輝空(卓球)・・・一度決めたことは最後までやり通す

5歳天才ゴルフ少女・・・3年かけてフォーム改造、注意事項をつぶやき集中する

9歳で英検準一級・・・ランニングマシーンでウォーキングしながら勉強する

高田万由子の教育・・・移動中に勉強させる、やらせてできることはどんなことでもやらせる、電子書籍で本好きにさせた

感想

前回放送分ではどの家庭でもすぐ試したくなる、勉強に役立つ実用的なメソッドが多かったのですが、今回はアスリートやスポーツ選手寄りな内容でした。オリンピック意識かな?笑

今活躍している選手のお宝映像や、どうやって育てられたかのソダテルメソッドは確かに「へぇ〜」と思いましたが、この放送内容を家庭で生かそうと思ってもかなり限定的で難しいと思いますね。すぐタメになるか、と言われたらぶっちゃけ微妙・・・ちょっと残念でした。汗

箇条書きになってしまい、見づらいとは思いますが、スミマセン。そもそも番組構成的にメソッド30個って詰め込みすぎたと思うんですよね(ぉ

ですが、その中でも、

  • 藤井聡太「キュボロ」
  • 白井健三「ジグソーパズル」
  • 辻井伸行「あらゆる体験をさせる」
  • 平野美宇「遠征はひとりで行く」
  • 松島輝空「一度決めたことは最後までやり通す」
  • 9歳英検準一級「ウォーキングしながら勉強」
  • 高田万由子「やらせてできることはなんでもやらせる」「電子書籍で本好きに」

この8つはどの家庭でも試せるんじゃないでしょうか。

中でも藤井聡太くんのキュボロというおもちゃ、すごく良さそうなのに僕は存在も知りませんでしたからね。僕も欲しい、けど調べてみたら想像以上にお高い!笑

※溝のついた立方体を組み合わせて、玉が上から下まで通る道を作るおもちゃだそうです。こちらのサイトがわかりやすいです→木のおもちゃカルテット

Amazonもありますが、以前別番組で紹介されてから人気商品で品切れっぽいです。ブームってすごい。笑

番組で一番感動したのは、盲目のピアニスト辻井伸行さんの母親が「危ないからダメと言ってしまったら彼の世界は狭くなってしまう。少しでも引き出しがたくさんある人のほうが絶対出来る人になるんじゃないかなと思った」と言って、流しそうめんやプール、雪山で遊んだり、乗馬に凧揚げ、美術館に連れて行ったというエピソード。イイ話ですね!子どもの可能性を潰さない、というのは育てる側に一番大切な気がします。

そんな辻井伸行さんのあとに紹介された服部百音さんが完璧に「練習の鬼」タイプだったので、若干怖くなったりもしましたが。汗

まぁ、ソダテルメソッドは人それぞれということで(笑)、ぜひ参考になるものがあったら試してみてください。

あ、最後に。スタジオのクイズパートは相変わらずどうでもいいなぁ、と思いましたw

それでは!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です