最高傑作だコレ!「BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-」感想

公開日:2017/07/10最終更新日:2017/08/07

小山田です。

「BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-」を見ました!すんごく面白かったです。全てのNARUTOファンのために作られた最高傑作と言っていいですねコレ!

ちなみに2017年7月現在、TVアニメ版「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」が放送中。僕はアニメも見てますし、コミックも2巻まで読んだ状態での映画視聴です。テレビ東京で今年の年明けに放送された地上波の録画で見ました。(かなり温めておいたなぁ)

さて、それでは感想いきましょう。

※ネタバレありです。

スポンサーリンク

本当に良い映画だったなー!

見終わって、本当に「良い映画だったなぁー!」と素直に思いました。見たかったものを全て見せてもらった気分です。

この映画を見る前に「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」も見たんですが(こちらは昨年末の放送を録画で)、まぁなんとも微妙だったわけです。おかげで(?)BORUTOの映画で「これだよー!これを見たかったんだよー!」と感動もひとしお。

ボルトの成長で泣ける

ボルトはナルトの少年時代とは違って、ラクしたがりで効率を求める要領のいい子どもとして描かれます。ですが螺旋丸の修行では負けず嫌いっぷりを発揮して、実はしっかり忍らしい部分も持っている。

そんなボルトに忍び寄る科学忍具班の存在が絶妙で、「努力なんて古いことしてないで、ラクしてクリアしちゃいましょうよ」と悪魔のささやき。せっかくボルトに忍らしさが目覚めたタイミングで近寄ってくるのが実にいやらしくて、オトナは汚い。嫌なやつらですよねー、科学忍具班!(笑)

父親に自分を見てもらうために、

  • 努力し己の力で克服するのか
  • ラクして効率よくクリアしていいのか

の間で揺れるボルトの葛藤が見ていてつらかったです。手裏剣術をちゃんと修行していたのに科学忍具に頼ってしまったり、自分の力で戦っていないやましさをちゃんと感じていたり。ああ、つらい・・・。

忍の本質の真逆をいく科学忍具の存在に一度は染まってしまうボルトでしたが、これまた忍の本質の真逆をいく敵キャラの存在のおかげで最後には忍の本質を取り戻す。上手いですよね、いい展開だったと思います。

最後にはゲームをレベル1からやり直していたり、破れた服=努力の証を「かっこいい」と言ったり、忍らしく成長していくボルトがしっかり描かれていました。

最後にナルトとは違う道を進む決意をするのも、いやー、いいなー!泣

ボルトとナルトの絆で泣ける

構ってほしいボルトと火影の仕事が忙しいナルト。ふたりのすれ違いが序盤〜中盤でたくさん描かれます。ケーキ落としたシーン、キツすぎ・・・。

でもさまざまなすれ違いを経て最終的に二人がわかり合い、放たれる親子螺旋丸、3度目の正直でついにかわされるグータッチ。涙が出ました。

グータッチの演出はほんとうに上手いと思います。

  • ボルトの実力だと信じて応援するナルト→科学忍具に頼ってしまい悩むボルト
  • 自分を見てもらえたと喜ぶボルト→科学忍具を使っていると知ったナルト
  • 和解して、おそろいの右手の包帯でかわされるグータッチ

ナルト→ボルト(スルー)、ボルト→ナルト(スルー)を経ての3度目の正直は、ほんとにグッときました。

またシンプルながら、少年時代のナルトの服を着て、サスケの額当てを巻くボルトの姿にナルトが重なるシーンもシンプルにグッときます。いやあ、いいなー!泣

忍の本質は変わっていない!

ナルトとサスケが序盤から言っていた、「忍の本質は変わってしまったのか?」という問い。結局変わっていなくて、次世代にしっかり受け継がれていましたね。

BORUTOという続編が発表されたとき、「終わらないの・・・どうなっちゃうの・・・」なんて正直思いました。しかしコミックもアニメも面白くて、ようやく見た映画もこのクオリティで。NARUTOを好きになって、見続けてよかったなぁと思います。

無理やり続けた蛇足エピソードとかじゃなく、次世代に意志が受け継がれていくエピソードが描かれていたので大感激!

ラストの親子螺旋丸のシーンで自来也先生から受け継がれてきたっていう演出、いやあ、忍の本質は変わっていませんでしたね!

その他

サラダが可愛すぎる。まずあの声がいいよなー。そして性格とビジュアルと。そしてサクラちゃんエロすぎ。なんだあの人妻。ヘソなんか出しおって。サスケェ・・・。

ナルト世代がみんなしっかり大人になっててなんだか嬉しいな、という気持ちは、僕もナルトと一緒に大人になったから思えるんですかね。年齢的には追い越されちゃいましたけどねw

気になったのはミツキが敬語すぎるのと、時系列的にTVアニメとどう繋げるのか、あとモモシキ様のアゴ。

まとめ

ほんとうに最高傑作だったと思います!感想では戦闘シーンには触れませんでしたが冒頭から最後まで見どころ満載かっこよすぎ!笑いも散りばめられていたし(お気に入りは木ノ葉丸とボルトの言い合い)、ファン必見の映画だと思いました。なぜ僕はこんなに放置していたのか。(笑)

子どもが生まれて、次世代を引き継いでいってくれる。そう思うと、子ども欲しくなりますね。なんちゃって。

まだ見てない人(もういないと思いますが)いましたらぜひ見てくださいな!そして語り合いましょう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です