【進撃の巨人Season 2】第35話を見て自力でたどり着いた考察メモ

公開日:2017/06/03最終更新日:2017/08/07

クリスタを食べたい、小山田です。

今週はいくつかの謎に迫る会話が魅力でしたねー。いくつか考察してみました。

スポンサーリンク

座標がエレン

ライナー「座標がエレンでなければ任務が終わらない」

座標がエレンって日本語おかしくね?というところから考え始めました。

その後ベルトルトが「ソレ」って言った。

彼らの言う「座標」とは何かこう形ある物体なのか?イットイズ座標?

それがエレンかもしれないと?

で、違った場合に可愛いクリスタがいれば探しやすくなると。座標を。

クリスタがいると探しやすくなる理由は、クリスタがウォール教の一族の重要人物で、ウォール教から何か聞き出せるから?

巨人が人を食う理由

巨人は、人が何かを注射されてなるっぽい。

巨人が人を食うのは、きっと本能的に”アタリ”を食べれば人間に戻れるってことがわかってて、だから人を見つけると食いたくなる?

で、人を食べ続けて、”アタリ”を食べられればユミルみたいに戻れると。

ユミルも、エレンも、誰を食べたか覚えてない。(ベルトルト「エレンも覚えてなさそうだし・・・」)

エレンも誰かを食べた?

エレンが巨人になったのは父ちゃんの注射ででしょ?

エレンも一回ノーマル巨人になって、誰か”アタリ”を食べて人間に戻った。誰を食べたか・・・目の前にいたのって・・・まさか父ちゃん?

父ちゃんも巨人だったってこと!?

ユミルとクリスタ

ユミルがクリスタにあそこまでこだわる理由を考えた。

ユミルは60年前?に変な宗教の神みたいなことをやらされて迫害された過去があった。

クリスタはウォール教の重要人物の一族で、同じく迫害されていた。

自分の過去を重ねたのかな?

もしかしてユミルのやっていたことが形を変えてウォール教になりクリスタに降り掛かっているのか?とも思ったが、壁ができたのが100年前。ユミルが巨人化されたときには壁はもうあったし、というかウォール教はいつできたんだっけね。

巨人化するときに光る理由(ネタ)

ハガレンでも錬成のときに光るじゃん。

もしかして巨人化も錬金術の一種では?

巨人化のために注射で挿れられるのもまさか賢者の石の液状のやつ?笑

まさか最後には錬金術とか賢者の石とか言い出さないかな(というネタ考察)

来週も楽しみ

イベントCMで各キャラの中の人のご尊顔を拝みましたが、藤田咲かわいいなー。この人からユミルの声が出るんだからすげーや。妻と一緒に「梶くん輪郭ごまかしすぎ」「この人は声、ぽいねー」「この顔からあの声が出るのか」と楽しみつつ結局小野Dにもっていかれる。そのジャケットとシャツの色よw

今回考察したことは、妻に聞けばどうやら「良い線いってる」らしい。笑

漫画読みてー!妻の話では最新刊でわかったばかりのこともあるとのことで、漫画もアニメもワクワクですなー。

こちらの記事もオススメ→【感想】進撃の巨人×富士急ハイランドは超面白いぞレポート!

34話感想→【感想】進撃の巨人Season 2 第34話「ライナー!!(泣)」


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です