【恋と嘘】第2話「小さな嘘」感想 りりなちゃん、ややこしぃいいいいい

公開日:2017/08/09最終更新日:2017/08/12

恋と嘘の第2話感想です。

新ヒロインのりりなちゃんが想像以上にややこしいキャラで、わたくし混乱しております。

スポンサーリンク

あらすじ

政府通知の相手・真田莉々奈と初めて会うことになった由佳吏。美咲のことが忘れられずぼんやりする姿に莉々奈は怒って部屋から出て行ってしまう。実は好きな人がいるという由佳吏に莉々奈は「その話、詳しく聞かせてくれる?」と言うが・・・。(公式サイトより

感想!もーややこしー!

新キャラのりりなちゃん、ややこしすぎぃ!あかん、頭が受け付けない。今回はりりなちゃんのややこしさだけで頭がいっぱいです。

なんだよこのキャラ設定。

しかしピンク髪のキャラってかなり前に拒絶するようになったんだけどりりなちゃんはかわいいな。大事なのは中身ということですか。ピンクはアホが多いですからな。「パンツが言った」サナダムシのくだりは正直笑いました。

ゆかりとりりな、今後どうなる

りりなはゆかりのことを好きになるのかどうか?たぶん、なるんでしょうねぇ。

遊びのようにゆかりと高崎さんをいじっている間に、ゆかりの良さに気づいて、さてどうする、みたいになりそうですね。

・・・もしかしてこの作品、高崎さんかりりな、絶対にどっちか不幸になるんじゃ?

まぁ、恋は実らないものですよ、ええ。恐怖しながら見守ろうと思います。

キャラの動向を探りましょう。

りりなのややこしさ

ゆかりの政府通知の相手、りりなちゃん。

お見合いで積極的に相手のことを知ろうとしている。ゆかり婚に抵抗はなさそう、と思いきや、結婚なんて意味不明だと言う。やはり結婚には抵抗がある模様。それでも興味を持とうとしてくれた、ここまではいいのですが・・・。

ゆかりと高崎さんの恋に興味を持って、「ゆかりにそのつもりがあるなら、高崎さんの気持ちを探るの協力するわ」って、しょーじき楽しんでますよねコレ。

いかにも純粋なキャラなんだけど、自分の結婚を棚に上げて他人の恋愛で遊んでいる感じ、これはややこしいキャラやでぇ・・・。

そして「ゆかり、あなた高崎さんともう一度キスしなさい」がこの子のややこしさを最大限にあらわしている。(しろめ)

高崎さんの嘘

高崎さん、やっぱりゆかり法に踊らされてますねぇ。ゆかりのことが好きなのは明らかにわかった、だから「とても迷惑」というセリフが嘘だとわかる。

タイトルの「小さな嘘」は、このシーンのことでいいのかなと思います。

りりなと高崎さん

なに友達になっとんねん。

仁坂と高崎さん

何このふたり、険悪。気になりますねぇ。仁坂くん1話では空気でしたけど絶対重要キャラですよね。

その他こまかな感想

エンディング、どこのドラマの曲ですか?クオリティ高すぎてやばい。

エンドカードの押見修造先生、ごちそうさまです。妻もよろこびます。

高崎さん、歩きスマホは、やめましょう。(五七五)

次回は

「見落とされた恋」ということで、いったい誰の恋が見落とされているのか。三角関係どうなる第3話、楽しみです。

【恋と嘘】感想一覧


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です