「太陽は見上げる人を選ばない」特別ver.の破壊力がとんでもなかった

欅坂46「欅共和国2017」のYouTube鑑賞会の第2夜が終わり、最後に流れた「太陽は見上げる人を選ばない」特別ver.の破壊力がとんでもなかったので、何か残そうと思い、筆を執っています。

 

見た人はきっとその破壊力がどれほどだったのかわかるはずですが、それでもきっと月日が経ってしまえばこの感動も薄れていくのでしょう。

ちょっと悲しいですね。

 

最後に流れた「太陽は見上げる人を選ばない」特別ver.の映像には、これまで欅坂46が積み上げてきた過去と、新二期メンバーも加えたこれから先の未来への希望が、どちらもぎっしりと詰まっていたように感じます。

過去の様々なシーンの写真が流れる中で、これまでを思い返すように目を閉じているメンバーが、最後のサビで一斉に目を開け、微笑みながら優しく、そして力強くこちらを見つめる。

 

本人たちにしかわからないいろいろなことがあったはずですが、それでも彼女たちは今、見えない未来の不安におびえて目を閉ざすことなく、しっかりと目を開いて前を向いた。

 

そういうふうに僕には見えました。

 

その姿と彼女たちの歌に、シンプルに勇気づけられてしまった。

 

誰にも未来なんてわからない人生で、僕たち人間にできることは、今をとにかく精一杯輝かせようとすることだけなのでしょう。

 

その先にはいろいろな後悔や失敗が待っているかもしれないけど、それが自分の最善だったのなら胸を張ればいい。

 

前を向いて進もうとする人には、他の人もついてくる。

 

人間ってのは生きてるだけでコストもかかるし、人間関係ですり減ったりもするし、楽しいこととか良いことばかりじゃないロクでもない生き物かもしれないけれど、それでもたった一人の人間が別の誰かにエネルギーや希望を与えられる可能性があるというのは、ものすごく魅力的なことですよね。

 

輝いてる人、輝けるのって良いな、って思いました。

 

おそらく欅坂46はこれからもたくさんの人から多くの期待を背負いながら、見えない不安の中を突き進んでいくことでしょう。

 

どうなるのか誰にもわかりませんが、本人たちも関係者もそして我々も、せいいっぱい自分なりの方法で、最善を尽くしながら自分の人生を輝かせていけたら良いですね。

 

なんにせよ、「太陽は見上げる人を選ばない」特別ver.の映像はどこかで(もちろん公式で)見られるようにしてほしい!

 

以上、小山田でした。( ^ω^ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました