俺氏、露天風呂で見た朝日に心を浄化される。

公開日:2018/03/14

先日、別府はスギノイパレスの大展望露天風呂「棚湯」で見た朝日に心を浄化されてしまった。

スポンサーリンク

「早起きって良いな」

こんなことを思ったのは実に何年ぶりだろうか。
長いこと苦痛でしかなかった早起きがその日、とても素晴らしいものだと思ってしまったのだ。

もちろん当日朝も布団から出るのはつらかった。
前日は夜中の3時過ぎまで寝つけず、6時前に起きて朝風呂である。
でもせっかくだからと行ったんだ、風呂に。

そして見たあの朝日の素晴らしさ。

静かな町並み、望む海と、浮かぶオレンジ色の太陽。
天気も良くて。
全裸の開放感も合わさって。
ああ、いいなぁ、なんて清々しい素敵な朝だと思った。

そしてつぶやいた。
「なんだ、早起きって最高じゃないか」

浄化である。

この暮らしを手に入れたいと思った

心の浄化と共に。
毎朝この景色を見て暮らしたい、と思った。

こんなに素晴らしい景色を眺める日々を、こんなに素敵な朝を迎える毎日を生きたいと、わりと素直な心で感じた。

まんまと杉乃井ホテルの思うツボであるが。

そして考えた。
「なぜ俺はこの暮らしを手に入れられないのだ?どうすれば手に入れられる?」

世の中にある素晴らしい景色を見に行きたい

今回の経験で、この世にはまだまだ俺の知らない素晴らしい景色があるんだと知った。
本気で心が揺れ動くレベルの、素晴らしい景色。

そんな景色を探し回り、あわよくば毎日見て暮らそうなんて考えたら当然だが金が必要で。
日本中、世界中を飛び回ると思ったら会社勤めではなく自分の力で稼ぐ必要があるのかもしれないし。
子供を産んでマイホームを建てて家族仲良くそこで暮らしていきましょう、とはいかないのかもしれない。

ああ、望みを達成するために浮かぶ方法と未来への考えの浅はかさに自分でもうんざりする。

だがあの朝日になんとも言えないエネルギーをもらってしまったのは事実だった。

自分の望み、実現してみんか?

キミは持っているか?
自分の望み。
これが大好きで、こういう暮らしを送りたいんじゃあー、っていう強い気持ち。

それを叶えるには過去でも未来でもなく「いま、ここ」で動き出すしかないかもしれんよ。
どうすりゃ実現できんのー?って考えることをしないかぎり、叶いはしないんだ、きっと。

うん、俺は自分で思う。
いいじゃん、毎日あの朝日を見て暮らす生活。
冗談じゃなく茶化すんじゃなく、良いと思う。
それだけ感動できたのってきっと素敵なことだもん。

だからキミもそういう体験を探して飛び回り、見つかったら掴んで離さないでほしいな。

ただし、掴んで離さないためにどうすればいいかは自分で答えを出すんだぜ。
俺もそうするよ。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です