大金持ちになるためのお金の管理

大金持ちになる方法について。

大金持ちになるにはどうしたらよいのでしょう?

 

考えたのですが、「お金の管理」が必須ではないでしょうか。

 

プロサッカー選手が「ボールと友達になる」ところから始めるのと同じ理屈です。

 

では、どのように管理すればよいのでしょう。

収入の10分の1を貯金しろ

バビロン大富豪の教え という本には「収入の10分の1を貯金しろ」と書いてあるようです。

人の欲求は尽きない、お金はいくらあっても足りない。

だから大金持ちになりたければ、まずはハッキリと金額を決めて意識的に貯金をする。

 

納得できますよね。

 

なので仮に収入20万ならば、2万円は毎月貯金し、一生使わないくらいの気持ちで隔離してしまうのが、大金持ち第一歩と言えそうです。

20歳からずーっと収入20万だとしても、40年あればこれだけで960万貯まります、すごいー。

 

え、しょっぱなから厳しいって?

 

問答無用ですよ。笑

消費・浪費・投資の3種類を知る

次はお金の使い方ですが、お金には3種類の使い方があるようです。

  • 消費:日常生活に欠かせない、無ければ生きていけないライフラインのために使う
  • 浪費:ぜいたくや心のゆとりのために使う。支払った金額以上の効果が期待できないムダ使い
  • 投資:将来の自分に利益(=資本・生産能力の増加)をもたらしそうなことに使う。資産運用、スキルアップなど

 

調べたところ、それぞれの割合は、

  • 消費…70%
  • 浪費…5%
  • 投資…25%

が理想らしく、仮に収入20万の人は2万を貯金→残りの18万で、

  • 消費…12.6万
  • 浪費…0.9万
  • 投資…4.5万

にするのが理想的ということですね。

 

ここで問題になりそうなことが2つ。

ひとつは、たとえば「マンガは無ければ生きていけない!これは消費だ!」とか、「マンガは人生を豊かにする!これは投資だ!」とか、「マンガなんてなくてもいいだろ!浪費だ!」などなど、人によって考え方が変わる点。

 

何が消費で何が浪費、何が投資なのかは人それぞれ変わるでしょう。

 

しかし、結果的に理想の割合に収まっていれば良いのであり、基本は自分で決めてOKと思います。(家族がいる場合はよく話し合っていただくとして)

少なくともマンガは消費ではないと僕は思いますが…(どれだけマンガが大切でも、電気や水道、家賃とは肩を並べませんよね?)

資本・生産能力の増加のためにお金をつかうこと=投資なので、漫画家やイラストレーターを目指す人が勉強で話題作や名作を読むのは投資でしょうか。

 

「今必要じゃないけど何かに活きるかも〜」というのは、浪費ですかね。笑

 

もうひとつの問題は、「チョット待って、お金足りないんだけど」という問題。

これに関しては「欲求の順位付け」ということが、バビロン大富豪の教えでも言われているようです。

 

人の欲求は尽きない、お金はいくらあっても、どうせ満足できない。

だから、限られたお金のなかで自分の欲求に順番をつけて、無理なことは諦めろ。

 

大事なことにまずお金を使って、もし足りないなら諦めましょう。

 

それでもたくさんの欲求を満たすために、我々は投資に25%も使うわけです。

人生の選択肢を増やし、入ってくるお金を増やすチャンスを、将来で掴むために。

家計簿はシンプルに

あとは実際に管理していくわけですが、家計簿をつけるならシンプルが良さそうです。

大項目は消費・浪費・投資の3種類。

家賃がいくら、食費がいくら、電気はいくら・・・と記入していくなかで、この3種類に分類していきます。

最終的に予算をオーバーしたなら見直しですね。

 

とにかく予算に収めること、足りないなら順位付けをして諦めることを大切に。

投資にしっかりお金を使って、自分の選択肢を増やして将来に備える。

 

完璧ですね。

まとめ:大金持ちは未来の姿

  • 収入の10分の1は問答無用で貯金
  • 残りを消費70%浪費5%投資25%に分ける
  • 家計簿はシンプルに管理

大金持ちというのは、現在ではなく未来の姿です。

なので、今なんらかのアクションを起こさないかぎり、大金持ちにはなれないでしょう。

今回の内容はわりとシンプルで、あとは「やるかやらないか」だと思います。

よければ一緒にやってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました