掃除と筋トレの意外な関係性。

「掃除なんてしたくねぇー」「メンドクサイー」と思うこともしばしばですが、いやはや、掃除はやはりするべきです。

 

日々のおざなりな掃除のせいで、すっかりあちこちカビだらけになった我が家の風呂場。

 

汚れを見るたびに掃除しなきゃと思い、newブラシを購入しながらもそれでもやる気になれず、やらないまま3週間ほど経ってしまいました。

 

まぁでもさすがに、そろそろ5月も終わってしまう、コロナ連休も終わってしまう。

「やるなら今だ、今日この瞬間だ」

エイヤと気合を入れて立ち上がり、職場で使っている作業用ズボンに着替え、ゴム手袋を装着し、ブラシと漂白剤を手に一時間ほどかけて掃除しました。

やる気なんてものは、最初の一歩を踏み出す気合次第、動き出してしまえば何とかなるもので、案外夢中で楽しくお掃除。

 

実際にお掃除をしながら、フタをブラシでこすりながら、ふと思ったことがあったのです。

 

ああ、なんかこれ、筋トレと似てる。

 

筋トレというやつは、自分がやればやっただけ結果が出るものであります。

半年前は一度もできなかった懸垂が、手のひらを痛め肩を痛め、苦しみながらも続けていたら今では10回できるのと同じように。

 

漂白剤をかけ、ブラシでこすり、水で流す。

すると黒かった椅子や壁、床が、自分の頑張りに比例して白くなってくれる。

 

掃除ってまるで筋トレのようだなぁと、楽しくなってしまいました。

 

掃除なんてメンドクサイですし、時間もかかりますが、「やった分だけ返ってくる」というのは自分の存在の実感、生きている喜びのようなものすら感じられます。

 

だから筋トレも掃除も、夢中になれるのでしょう。

 

というわけで、改めてやっぱり掃除はするべきです。

 

メンドクサイの気持ちの先で、生きている喜び、あなたもきっと味わえるはず。

 

ぜひ最初の一歩、エイヤと踏み出してみてください。

 

 

よろしければ、筋トレもぜひ一緒にやりませんか?

 

「腹筋割るぞチャレンジ」挑戦中。→プランクとレッグレイズだけで腹は割れるのか?〜検証0日目〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました