ボルト 父と子 神回

BORUTO第65話「父と子」感想/劇場版を超えた(!?)神回

公開日:2018/07/20

今週のBORUTOチョー面白かったなー!

劇場版BORUTOでいうクライマックスのVSモモシキ戦に突入して、俺ってば先週予告の時点で超絶わくわくしていたんだが、「まさかの劇場版超え!?」ってくらいの仕上がりだったと思う。

見たらわかる、神回ってやつや(^o^)感想書きます。

スポンサーリンク

劇場版から全体的にパワーアップ

個人的には劇場版BORUTOよりパワーアップしていた印象。

作画は劇場版と同等、その上で戦闘シーンの追加、演出の強化がされててめっちゃ興奮してしもうたよ。

やはり劇場版っていう前例を知っている上で今回のアニメ見てる視聴者が多いはずで、それに対してどうやって二番煎じにならないかはアニメスタッフの方たちもすんごい考えてくれたと思う。

それをふまえての今回のクオリティに俺は「よくぞここまでやってくれたー!」って大喜び( ^ω^ )ちょっと振り返っていく。

戦闘シーンの強化

一番わかりやすいパワーアップがやっぱ戦闘だよね!

特に目を引くのは「いっちょ教えてやろうぜ、サスケェ!」から始まるナルトとサスケの連携だと思うけど、最後にボルトが螺旋丸を決める前の変更とか、影たちの戦闘の追加も熱かったなぁ!

ナルトとサスケの戦闘の強化っぷりはBGMでもわかる。劇場版ではスサノオ九喇嘛で戦ってるときにBGM最骨頂になるんだが、今回のTV版でのBGM最骨頂シーンはふたりの忍術連携だったよね。サスケの手裏剣術、变化の術からの变化の術・・・輪廻眼・・・どんだけー!(なんだろう興奮で何書いてるかよくわかんねーけど見た人には伝わるはず!)

スサノオ九喇嘛になるシーンも劇場版じゃ演出としての「セリフ無し」だったわけでそりゃあっちはあっちで最高なんだが!今回はより連携感を増す自然な会話が追加されてたし、劇場版ではモモシキの赤い鎖に巻かれてゴロゴロ転がっていったサスケ君も今回は輪廻眼で反撃!まさかの地爆天星まで!!テンションぶち上がる!!

モモシキも中国武術がベースになっているような体術を見せてくれて、そうなのよ!今回体術のシーンの多さとか、コンビネーションの多さが素晴らしかったよね!ああー興奮が止まらんな!

ボルトが最後に螺旋丸を決める前の流れも大きく変わっていて、サスケ師匠とのコンビネーションもボルト自身の体術シーンもサイコーだった。あの螺旋丸のダッシュとかたまらんよね!わかる!?わかる!?

これはもう、見てない人はDVDでも借りて見てくれ!見たらわかるから!(笑)

モモシキのデザイン変更

キンシキを食ったモモシキのデザインが変更。よりかっこよく見栄えするものに!

ボルト 父と子 モモシキ 神回

妻に書いてもらったぞ!

劇場版でのアゴシャクレも好きだったんだけど(笑)圧倒的にTV版が好きって人のが多いんじゃねーかな!というか俺は圧倒的にTV版が好き!

なんで変更にしたのかなー?って考えても、やっぱ見栄え重視なのだろうか。アゴシャクレはゴリマッチョ的要素も強かったけどTV版ではスタイリッシュになっていて戦闘もより映えた。ピンク色の美しい唇もよく映えた。

セリフも増えたモモシキ、声の浪川さんもより気合い入ってて良かったと思う!

演出の強化

わかりやすい部分だけでもこれだけの追加や変更シーン。

  • 影たちがモモシキにやられるシーン追加→絶望感プラス
  • 戦闘演出の全体的な強化
  • 風影「またチャクラを吸収されでもしたら台無しだぞ」(フラグ)
  • カタスケですらシーン追加
  • ボルトとサスケの会話、回想シーン追加(忍道について)
  • 水影「何だ?届かないのか?(消える螺旋丸を見て)」
  • 親子螺旋丸の演出大幅強化
  • 次回以降への伏線としてボルトとモモシキの会話
  • 戦闘終了後のナルトとサスケの会話強化
  • 「俺はうずまきナルトの息子、うずまきボルトだ!」

劇場版をあらためて見てみるとよくまとまっていて、すんごくテンポ良く感じる。いっぽう今回のTV版は細かいセリフやカットを追加してより違和感なく、たっぷり丁寧に見せるようになっていたと感じたな。

賛否があるのかはわからんけども、親子螺旋丸の描写は圧倒的にTV版のが良くなかったですか?THE LASTもぶち込んでくるとかずるいぞナルト兄ちゃんコレ。ボルトのさりげなく追加された「重い、これが父ちゃんの・・・」のセリフもグッジョブ!

あー!何回見てもやっぱり今回、面白い!(今も録画再生しながら書いてる)

決着後のナルトとサスケの会話シーンも、劇場版ではふたり地べたに座り込んでの会話だったけど今回はサスケがナルトを立たせる。この変更はサスケの「一緒にするな、こっちはまだ自分の足で立ってる(嬉しそう)」っていうセリフを言わせるための変更かな?たまらん仲良しやな(笑)ほんと仲良さそうで見ててうれしい追加シーンでした。

次回以降への伏線もしっかり

そんなわけでTVアニメ版、そろそろ劇場版の部分が終わってしまうわけだけれど話は続いていく。そこで伏線としてモモシキを倒す直前の戦闘やモモシキとボルトの会話などで「眼」に関する描写が追加されていて、さすがただでは終わらんなと。

モモシキに見えたボルトの運命とは・・・いやー、どうなっていくんだろうね!わくわくしますなぁ〜。

モモシキが吹っ飛んでいくところで意味深に挿入されたサスケのカットも気になる。まさかボルトとモモシキの会話が見えてたとか?来週あたり当たり前のように言いそうだよね、サスケ。(笑)

カタスケの追加シーンも鼻タレから急に真顔に戻って「あ、あれ?私がやったのか?ああ、そうか、どうして私はこんなことを」のセリフも謎なんだけど・・・考えすぎか?(洗脳から解けたみたいなニュアンス感じるのよねぇ)

※追記

どうやらサスケは輪廻写輪眼で見ていたらしい(NARUTO本編でそういう描写があったとか)というのと、やっぱりカタスケは洗脳されてたらしいね!

にわかでスマン!

※追記終わり

まとめ

今回はTVアニメ版ボルト第65話「父と子」の感想を興奮気味で書いた。いろいろと失礼しました。

うーん、しかし、やっぱり何回見てもまごうことなき神回。劇場版でやりたかったけどできなかったことをやってくれたって感じするよね!ああ、面白いなぁ、面白いよ。ああ・・・。

アニメスタッフの方たち、ほんっとありがとうございました。

もし周りで今回の神回を知らないなんて人がいたら教えてあげようぜ!約束だぞ☆

そして今なにげなくネットを見ていたら8月から秋道チョウチョウ編が始まるらしい?ホントかウソかわからんけどチョウチョウちゃん可愛いし、やるなら期待で!

以上、小山田でした。( ^ω^ )

最後の一言「犬飼健命ぉおおおおお!クソォー!!見えないがどうしたぁあああ(ツボ)」

こちらの記事もどうぞ!

劇場版BORUTOの感想→最高傑作だコレ!「BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-」感想

中国武術が気になったらイップ・マンを見よう→【ネタバレ感想】映画「イップ・マン 葉問」 彼が伝える中国武術の精神


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です