【BORUTO -ボルト-】感想 第21話 うちはシン、まさかのグーパンチで昇天w

公開日:2017/08/23最終更新日:2017/08/31

2017/8/23放送のアニメボルト第21話「サスケとサラダ」感想です!

サラダとサスケのやりとり、敵であるうちはシンの登場と戦闘、あとチョウチョウちゃんの癒やしっぷりが見どころでしたね!

スポンサーリンク

サスケェ・・・サラダちゃんかわいそう

前回一足先にサスケの元に辿り着いたサラダでしたが、サスケに敵と勘違いされ刀を突きつけられてしまいました。誤解は解け、娘であるとわかってもらえましたが、サスケに「私のママって本当にママなの?」「どうしてママと一緒にいてあげないの?」「(写真の)パパの隣の女は誰?」「パパは本当はどこにいて何をしてるの?」とたまっていた疑問をぶつけるも、関係ないと言われてしまいます。

サスケには、サラダに余計な不安を抱えさせたくないという事情があったものの、パパにもママにもちゃんと話を聞いてもらえないサラダ。

ちょっとカワイソウですねぇ(T_T)

なんか、サスケからは事情も聞けたのでまぁいいでしょう(とは言っても愛想なさすぎですが)しかしサクラ・・・キミは誤魔化して逆ギレして、やっぱ良くなかったんじゃない?全部隠せばいいってもんでもないでしょ!

でもまぁ親と子、親の過去や事情をどこまで話すかって難しいですよねぇ。子どもって結構敏感で親のこと見てたりしますから隠すのも簡単じゃないと思います。僕は、サラダになら正直に言っても大丈夫だと思うのですが。

うちはシン(大)も戦闘に参加!

敵であるうちはシン、目的は暁の復活であると判明しました。「ことを始めるぞ」とサラダ達に襲いかかります。どうやら写輪眼を狙っている模様。

うちはシンの瞳力は対象を自在に操れる(飛ばしたり移動させたり)能力のようで、サスケの剣を操ったり、子ども姿のシンを動かして豪火球を防いだりしていました。

ナルトとサスケに傷を負わせるも、不意打ちで出てきたサクラの一撃でノックアウト!(゚∀゚)「あ、コレ死んだわ」って思いましたw

戦闘シーンの作画はちょっとまぁ・・・クオリティ、普通くらいでしたかね?(笑)

サスケがシンの攻撃を空中で弾くモーション、gif画像でも作られていそうです。キンキンキン!w

しかしシン、なんでこんなに目があるんでしょう。謎です。あと子ども姿のやつもたくさんいたし、あのマスコットキャラクターも謎です。(笑)

チョウチョウちゃんが癒やし!

サラダについてきたチョウチョウですが、サスケの顔を見るなり「あっ、イケメーン!」と言ってサスケの手を頭に乗せたり、サラダを冷たくあしらうサスケに「さすがにデリカシーなさすぎ」と言ってのけたり、なかなかの自由っぷりです。

と思えばサラダを心配し、サスケにポテチ(コンソメ味)を差し出して仲直りを促したりと、良い子っぷりも発揮。

チョウチョウちゃんがいなかったらかなり殺伐としそうな旅になりそうなところ、いいバランスを作ってくれます。

重っ苦しい話題はサスケ一家に任せて、チョウチョウちゃんはいい塩梅で笑いや癒やしを提供してくれることを期待します。(笑)

次回、大蛇丸登場!?

今回のラストで、シンはマスコットキャラクターの時空間忍術でサラダを狙い、かばったサクラを連れて逃げてしまいました。

次回、ベッドに横たわるシンはサクラに回復させようとしていたのか?また水月と大蛇丸も出てくるようで、どんな話になるのか楽しみですね!

シンが何者なのか少しだけでも説明が欲しいのと、あとサラダとサスケの溝が少しでも埋まることに期待します!

以上、小山田(@rije22)でした!

PS.

公式サイト見ていて知ったんですが、このサラダ編、原作コミックあったんですね!知りませんでしたw

僕はアニメ派なので読むとしてもアニメ終わってからですが、興味ある人はチェックしてみてはどうでしょうか!

アニメのボルトはBlu-rayは出ないようですが、DVD-BOXも発売予定です。委員長編、面白かったですよね〜。

劇場版BORUTOの感想も書いていますのでよろしければどうぞ!

最高傑作だコレ!「BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-」感想


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です