【BORUTO -ボルト-】感想 第22話 サスケのクソ野郎!

公開日:2017/08/31

2017/8/30放送のアニメボルト第22話「つながる想い」感想です!

うちはシンの秘密やサラダの本当のママ(!?)が判明したり、あとチョウチョウちゃんの癒やしが見どころでした!

スポンサーリンク

シンが語る暁復活の理由

前回ラストでサクラがシンにさらわれてしまいました。シンは自分の師が大蛇丸であり、子ども姿のシンたちは自分の歯と神経から作ったクローンであると語ります。また、生物に死は存在しない、死とは器の消滅でしかない。強い遺伝子を残していくことこそ進化であり、それは争いの中で生まれる、だから暁を復活させたいんだと語ります。

ベッドに横たわるシン「うっ・・・随分と派手にやってくれたな・・・」

サクラのパンチが効いてて正直笑いましたwお前は素直かww

遺伝子が受け継がれていく云々の話は、最初は「お、おう・・・」くらいに聞いてましたけど、まぁ遺伝子が残ると思えば死ぬのが怖くないっていうのは少しあると思いました。それはじいちゃんばあちゃんが孫を見ることで「これで安心して死ねるわぁ」って思うのと似てるのかなと。

強い遺伝子のためには争いが必要ってのもゼロではないですよね。勝つため、負けないために知恵をしぼって人類が進化してきたのは事実でしょう。

だからといって「暁復活で戦争だぁー(^o^)」には賛同できませんけど。

うちはシン、結構マジメに考えての行動だったんだなぁと関心しつつ、でも語る相手がサクラちゃんじゃ・・・(笑)

サラダの本当のママが判明!?

サラダ、チョウチョウ、ナルトにサスケはシンの情報を求めて大蛇丸の元へ向かいます。そこで大蛇丸は、シンがかつての実験体のひとりだったこと、うちはを名乗っているのは写輪眼(複製とはいえ)に執着して自称しているだけだと語ります。ダンゾウの右腕はシンのものだったというエピソードも。

一方サラダは水月に、自分と香燐のDNA鑑定を依頼します。香燐のへその緒とサラダの遺伝子を照合するとなんと一致!やはりママはサクラじゃない、嘘をつかれていたんだと絶望するサラダ。ナルトは「つながりってのは時間や血のつながりだけじゃない。想いさえあればいい」と話し、サラダはサクラを助けることを決意します。

DNA鑑定、まさか一致するとは!うそでしょ!/(^o^)\

ここのサラダちゃんまじかわいそうでした。一致の瞬間の絶望した表情・・・やばすぎるってばよ(泣)子どもにはツライよぉー。そりゃ写輪眼も発動しちゃうよー。

でもサスケの知らないところでサスケの評価が勝手に下がっていくのには笑いました。

水月「サスケがそこまでクズ野郎だとは・・・」

ナルト「あのサスケのクソ野郎!」

サスケェ・・・

しかし不覚にもサスケとのいやらしい思い出を語るサクラがちょっとかわいかった。不覚でござる。

サクラちゃん、かわいいよね!(開き直り)

ところでサラダ役の菊池こころさん、上手です!ロリボイスもイケるみたいですし、ぶっちゃけ好きな声なので今後に期待。

チョウチョウちゃんの癒やしまとめ

今回もチョウチョウちゃんは癒やし要員でした。

  • 険悪なムードになるサラダとサスケを見て「この重い空気・・・ほんと嫌!重いのは体重だけで十分だぞ!頑張れ、あちしのガラスハート」
  • ヤマト隊長を見て「パパじゃねえなこいつは(あくび)」
  • 大蛇丸いじり「ねぇ、仮にこの人があちしの親だとして、パパ、ママ、どっち?」

今回も自由な振る舞いで笑いをくれました。こんな殺伐としたエピソード、チョウチョウちゃんいなかったら大変やで。

次回、ハッピーエンド?

大蛇丸や水月、重吾と分かれてシンのアジトへ向かうサラダ達。果たして無事サクラを救えるのか!

次回予告では戦闘シーンと、なんだかハッピーエンドしたかのようなサスケの微笑み、サクラの笑顔がありました。

来週で終わりなのかな?

次回「つながりのカタチ」、うちは家がどうなるのか見届けましょう!

以上、小山田(@rije22)でした!

過去の感想はこちら!

【BORUTO -ボルト-】感想 第21話 うちはシン、まさかのグーパンチで昇天w

最高傑作だコレ!「BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-」感想

サラダ編、原作コミックスがあるようです!

アニメのボルトはBlu-rayは出ないようですが、DVD-BOXが発売予定です。委員長編、面白かったですよね〜。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です