ブログに何を書けばいいのかわからない問題に終止符を打ちたい。

ブログ,何を書けば,志 ブログ

長年にわたって僕たちを悩ませる問題に終止符を打ちます。同じ悩みを抱える人に届けば嬉しい。

 

こんにちは、小山田です。

 

いいかげん、ブログに何を書けばいいのかわからない問題に終止符打ちませんか?というか、打ちたいのです。そろそろ打ちましょう、終止符を。お願いします。いやもう僕もブログ始めて長いですけど、ほんとに我ながらどんだけブログで悩んでるんだよって思います。それでもブログを諦められない自分が愚かでかわいい。

大切なのは技術ではなく想い

さて、ブログに何を書けばいいのかわからない問題ですが、このたび良いnoteを見つけました。グーグル検索で「何を書けば良いかわからない」とそのまま悩みをぶち込んでみたら、いちばん上にヒットしたものです。

 

何を書けばいいかわからない人へ〜辛いときこそ創造力は爆発する〜(外部リンク)

 

このnote、嫌いな文章じゃなかったし、だいぶ良いこと言ってるなと感じました。文章は技術じゃないよ、大切なのは誰かに何かを伝えたいという想いだよ。まったくその通りでしょう。

 

この「どう書くかより何を書くか」という主張には、過去にも何度かたどり着いたことはあります。ですが、そのたびに「自分にそんな立派なものはなにもないんだよぉ、中身がない人間なんだよぉ」と目をそらし続けてきたテーマでもあります。

 

お金になるかどうか?という部分との対立も感じていました。自分の「何かを伝えたい」という想いが、いったい誰の何の役に立つのだ、役に立たないような気がする、そんなことより技術じゃないのか、と逃げ続けていたわけです。

 

しかし、いいかげん前に進まなければ、と意を決して、この記事でいちばん最後に紹介されている電子書籍「想いが伝わらないのは 結局、自分に嘘をついているからだ」を読みました。

  • ネタの尽きることのない、あなただけのテーマを見つける
  • AIにも書けない、あなただけの文章を書く
  • どんな内容でも、読者の反応を恐れずに、堂々と胸を張って書く

 

上記のようなことができるようになれるなら、こんなに嬉しいことはないわけです。

志さえあればブログは書ける

読んでみて、実際のところめっちゃ良い内容でした。はっとさせられましたし、背中も押されました。この記事も、背中を押されて書いています。

 

正直、内容はちょっとむずかしくて、最初は「志」とか「想い」というキレイな言葉になんだかごまかされているような気がしました。すんなり頭に入ってこなくて、もやもやして、うーんそれでもやっぱりちゃんとこの本のメッセージを受け取りたい、と6回くらい読み直しました。

 

そして最終的に受け取ったメッセージは「志」の大事さでした。

 

志さえあれば記事は書ける。何を書けばいいかと悩んだら、自分の志を込めればいい、というわけです。志とはつまり、

  • 口先だけじゃない、当事者になること
  • 行動し、身体で感じたことを正直に言葉にすること
  • 自分も他人もいっしょに満たしたい、という欲求に素直になること

 

で得られる「僕は、キミと、みんなと、こうやって良い方向に進みたい!こうやれば僕もキミもみんなも、良い方向に進めると思うんだ!」という想いのことなのだと、僕は解釈しています。この想いを誰かに伝えること。オタクが自分の好きなものを布教しようとするのと似てますよね。(オタクあるある)

 

この記事も、

  • 何を書けばいいか悩む僕が、実際に当事者として問題解決のために電子書籍を読んだ
  • 感じたことを、わりと正直に言語化している
  • 同じ悩みを抱えてる人に届けられたら嬉しいし、著者の伊藤拓斗さんにも褒められたい

 

という志を持って書いています。なんかもうタイピングする指がスラスラ動きます。記事設計もしていません、ライティングの型もへったくれもありませんが、書いていてとっても楽しいです。志ってすげえや、と思いながら書いていますが、志の大事さが伝わっていますか?笑

 

ブログを始めてからというもの、ずっと「どこかにあるはずの正解」を探してさまよってきました。何かの当事者になることも、自分の感性も、みんなでいっしょにという気持ちも、すべて「正しいか」「おかしくないか」「常識的にどうか」という思考で封じ込めてきましたが、そういう思考から感性を解放することが、どうやら第一歩のようです。

 

あと、お金になるかどうか?問題も、結局こういう「志」を心の奥底にまず抱くのが先で、その志をどうやって相手にとって有益なカタチ(商品やサービス)にするか、どうやって相手の問題解決につなげるかという知識や技術を身につければいいわけですよね。(思えば過去の偉人たちはみんな自分の感性に正直で、自分の欲求に素直だったのかもしれません)

まとめ:志にかけてみよう。前に進もう

そんなわけで、ブログに何を書けばいいのか問題にも、終止符です。

  • ブログには、志を込めればいい
  • 志とは、自分の行動や感覚に裏付けされた「みんなで良い方向に進もう!」という想いのこと
  • ビジネスでも、自分の志をどうやって他人の問題解決につなげるか考えてカタチにすればいい

 

ようやく僕はこれで迷わずブログを書いていけそうです。期待しててください。笑

 

まぁ実際のところ、これから自分なりの志を持ってブログを書いていったとして、未来で上手くいくのかはやってみなくちゃわかりません。でも、何を書けばいいのか悩んで何も生み出せない日々が続くよりは、「志」というものの可能性や魅力にかけてみるほうが、前には進めるような気がします。

 

ブログ書けなくて悩んでいる同志の方々の背中が押せますように。もしかするとこの記事だけじゃいまいちわからないかもなので、よかったら紹介したこのnoteと、電子書籍も実際に読んでみてね。当事者になるところから始まるんだぞ!

 

何を書けばいいかわからない人へ〜辛いときこそ創造力は爆発する〜(外部リンク)

 

以上、小山田でした。( ^ω^ )

コメント

タイトルとURLをコピーしました