【感想】バック・トゥ・ザ・フューチャーが教えてくれること。

バック・トゥ・ザ・フューチャー、とても素敵な作品でした。

 

この作品を見ると、未来に希望をもらえます。

 

パート1〜3まですべてを見るのには少し時間がかかります。

それに物語の中では過去と未来を何度も行き来しますし、「自分がふたり!」なんてことにもなりますし、パラレルワールドなんてものも出てきます。

人によっては、話が難しく感じる可能性もあるでしょう。

 

ですが、物語をとおして伝えたいメッセージはたったひとつ。

 

「未来は自分で作っていける」

 

ただそれだけでしょう。

 

「ちょっとしたことで歴史なんて変わってしまうのだよ」という例が、物語のなかで何度も描かれます。

それはまるで、ギャルゲーの選択肢で昼メシを「教室で食べるか」「屋上で食べるか」によって未来の彼女が変わってしまう様子と似ています。

 

もし運命という言葉を使うとすれば、「運命は自分次第でいくらでも変えられる」ということですね。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーの中でマーティやドクが見せてくれたように、「自分の未来は自分で作っていけるのだ」と思うととてもハッピーな気持ちになってきます。

ドクのお別れのセリフには勇気づけられ、おもわず目頭が熱くなってしまいました。

人間の未来は すべて白紙だって事さ!

未来は自分で作るのだ

君らも いい未来を作りたまえ

 

決まりきった未来なんて無い。

もしあったとしてもそんなものはつまらない。

 

「白紙の未来を楽しみながら自分で作っていこう」というメッセージが未来への希望を感じさせてくれる名作です。

 

未来に待ち構える無数の選択肢、いつだって自分の信念(ハート)に従って、楽しそうだと感じる方へ向かっていけるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました